DVD『クラシック』のために結成されたバンド・チェックーズ! タイトル通りクラシカルでどこか懐かしいこのバンドはどうやって結成されたのか。ボーカルでリーダーの松本チェンジアップ、曲のアレンジを担当したギター&コーラスの山本チェックポイントとギターの高井チェックマシンに話を聞きました。

●チェックーズ結成のきっかけは?
松本チェンジアップ(以下、松本):事務所の先輩のAMEMIYAさんを通じて山ちゃん(山本チェックポイント)とお酒を飲むようになって。そのつながりで今回、俺が作った曲をバンド音楽にしてくれないかとお願いしました。
高井チェックマシン(以下、高井):僕ら2人(高井、山本)が元々バンドを組んでたんです。解散して今は別々のことをしてたんですが、急にこの連絡が来て、やらないか、と。

●ミュージシャンのお2人から見て、松本さんの音楽性はいかがでしたか?
高井:最初に3曲くらい来たんですが、歌詞とメロディだけでもうだいたい出来ちゃいましたね、こういうアレンジがいいんだろうなって。テレビではマツクラさんを見てたんですが、お会いしたのは1回だけで、どんな人かも知らなかったんですけど、でもメロディと歌詞があれば。OKってすぐ言ってもらえましたし、「こうしたほうが」ってところも明確で、本当にスムーズでしたね。

山本チェックポイント(以下、山本):僕はもうマツクラさんと付き合いが長くて、5年くらい。人間性も知ってるので、曲が送られてきたとき、ネタと一緒で曲にも世界観が出てるなと。なので、曲作りはシンプルにやりすぎないように、素のマツクラさんが出ればいいのかなと。歌詞を見ていただくとわかるんですが、やっぱり言葉遊びがうまかったり、情景が浮かんでくるので、それを崩さないっていうのを第一に。あと、(本名の)松本洋平さんの部分もやっぱり歌詞にはあったので、そういった部分も出したいなって感じでしたね。

●松本さんにとって初のバンド活動はいかがでしたか?
松本:最初に僕が家でスマホに吹き込んだ曲を山ちゃんに送って、それがバンド音楽として「こんな感じでどうですか」って返ってきたんですが、むちゃくちゃいいじゃんって。ずっと聞いてましたもん、めちゃくちゃいいなって(笑)。全部いい曲になっててワクワクしっぱなしでした。ネタは、作るのがたまに大変だったり悩んだりするんですけど、曲作りっていうのはずっと楽しかったです。

●「チェックーズ」というバンド名はどういうところから?
松本:2人は収録まで知らなかったと思います。
山本・高井:知らなかったです(笑)。
松本:衣装もただ「チェックを着てきてくれ」とだけ。当日収録が始まってから俺がいきなり「どうもチェックーズです」って言って、それぞれ1人1人の名前を勝手に言っていって。ほかのメンバーがどういう設定なのかもみんな知らない状態で、そのリアルな反応を撮りたいなと。そこはぜひ見てほしいですね。

 

●収録はいかがでしたか?
高井:楽しかったですね。楽しかったですけど、撮ってもらうことに慣れてないので、難しいなと。顔はこわばったらダメだよなと思いながら、演奏もしないといけないし。事前にほとんど合わせてないんですよね。
山本:そうそう。リハをやってないので。
高井:緊張感ありましたね。
松本:途中で山ちゃんがボーカルに替わるところも、山ちゃんはどういう流れでそうなるのかも聞かされてないんですよ(笑)。歌ってもらうってことだけは伝えてたんですが、コントみたいになるってくだりとかは全然知らせずに。ほんとドキュメンタリーですよ。
山本:でも実際にマツクラさんは初めてのレコーディングって感じだったから、次第にノリノリになってきて、最初はこっちから「ここは撮り直したほうがいいかもしれないですよ」みたいに言わせていただいてたんですけど、最終的には、マツクラさんが自分で「ちょっとこれは」「歌いたい気持ちはこうじゃない」みたいな感じになってて(笑)。
松本:ミュージシャンになってました、途中から(笑)。

●曲のエピソードを教えて下さい。
松本:「六本木の山本の唄」の歌っていうのは、山ちゃんのことを歌った歌なんですけど、僕と山ちゃんと、他にも何人かで六本木で飲んだことがあって。そのときのことを歌った歌です。あの夜、いろいろあって、山ちゃんが暴れ出しそうになったり、、でも最終的には、みんなで未来に希望持ちながら夢語って、涙流してラーメン食ってて……。詳しくは言えませんが(笑)。
山本:あれはすごい日でした(笑)。ほんといい曲になりましたね。
松本:山ちゃんが歌ってくれた「Glowing Days」は、山ちゃんが俺をイメージして作ってくれた曲です。

●今後のチェックーズの活動は?
松本:ライブやりたいですね。
山本:新曲も作っていただいて。
松本:そうですね、作っていきたいです(笑)。
山本:もうSNSでも「ライブはいつですか」って言ってくださってる方いますもんね。

●最後にメッセージをお願いします。
松本:ネタのDVDなんですけど、曲も本気でやっているので、そこを飛ばさずにちゃんと見てほしいです。
山本:この作品を一緒に作れて本当にうれしいです。マツクラさんって、世間から見たら天才的な、芸術的なネタをする人じゃないですか。でも普段飲んでると、ほんとに男気というか、人情味のある方なので、そういったものが歌詞やネタに出てたり、普段みんなが感じていることがちょっと泣けるネタになったりしてるのかなと。そういうマツクラさんという人間像の結晶かなって思ってます。
高井:お笑いとバンドのDVDっていう珍しい試みに携われたのがすごくうれしいですし、これからどういう反響があるのか楽しみですね。マツクラさんのショートショートショートみたいなネタが音楽になって、さらに楽器でそれをどうやって彩ってるのか、ぜひ聞いてもらえたらと思います。

マツモトクラブ『クラシック』発売!! インタビュー① ネタ編はこちら

『クラシック』

独自のスタイルで魅せるひとりコント師”マツモトクラブ” 待望のDVD第3弾!!

ライブ収録のネタ9本と、オリジナル楽曲のライブMVを7曲収録!!

2019年12月15日、新宿シアターモリエールにてベストネタ9本をライブ収録!
ネタの間には、マツモトクラブ率いるバンド“チェックーズ”のオリジナル楽曲ライブMVを7曲収録‼
笑いと音楽、マツモトクラブの魅力を1枚にまとめた渾身作‼

  • 品番:SSBX-2676
  • 価格:¥3,800 + 税
  • 発売日:2020年3月25日
  • 発売元:Contents League
  • 販売元:ソニー・ミュージックソリューションズ

収録内容

【本編】

■物理の豊田先生
♪「クラシック」
■おさいせん
 ライブMC①
■ジョン
♪「1位カレー2位とんかつ」
■あおき
♪「コンバンハ」
■トレーニング
♪「六本木の山本の唄」
■クロワッサン
♪「まんてん」
■ホームのかんとく
 ライブMC②
■ジュリア
♪「Glowing Days」
■ちょうじ
♪「ステファニー」

 

【DVD封入特典】
歌詞カード

 

 

VIDEO

特集一覧へ戻る