『「Aマッソのゲラニチョビ マジカル・オオギリー・ツアー」〜ディレクターズカット版~』発売!インタビュー

これぞ“巷で話題”のコンテンツ! 静岡朝日テレビのインターネットテレビ局・SunSetTVで好評配信中の「Aマッソのゲラニチョビ」がDVDになりました。
Aマッソの“素”が詰まったさまざまな企画は中毒性バツグン。この原点でもある“静岡大喜利ロケ”企画をDVDでぜひたっぷりとご覧ください。

●「Aマッソのゲラニチョビ」ではこれまでたくさんの企画が行われてきましたが、どういう経緯なのでしょうか?
加納:Aマッソとして番組をやりたいということはあまり思ってなくて、それこそYouTubeをやるとかネットで番組をやるって発想が自分たちの中にはなかったので、静岡朝日放送さんからお話をいただいたときに、「あ、そんなこともできるのか」と、広げてもらった感じですね。元々、ライブの場でも自分たちで映像を作ったり全部自分たちで作るのが好きだったので、より好きなことができる場を与えてもらったなと。企画は「好きなことをやってください」ということだったので、いろんな企画をやっていこうということで始まりました。企画は私やディレクターさんたちとで考えてます。私が飽き性でもあるので、ロケをやったら次はスタジオでコント録ろうとか、大喜利やろうとか、仲のいい後輩に出てもらったり。
村上:私は撮影の日に企画の内容を知らされて、体調だけ整えて行きます。体調がいいときと悪いときは見てすぐわかると思います。
加納:体調も見ててもわかりますけど、村上に苦手なことをさせようって回なんかでは普通に嫌な顔してます。ちなみにDVDに収録されているのはロケなんですが、これは完全にうちらやらされてます。
村上:このロケは風邪ひいてました。
加納:むきだしの村上ちゃんです。
村上:特にこのロケは番組初期なので本当の嫌な顔してますし、「もうええやん」とか言ってます。
加納:映像見て「めっちゃ使ってるやん」って思いましたもん。

 

●ネットの冠番組をやり始めて意識が変わったところは?
加納:YouTube番組を始めて思ったのは、いい意味で、見てるほうも気合い入れて見てへんな、と。番組初期のほうは結構スタッフさんと話し合いをしたんです。「ここは思い浮かんでないところだから(編集で)カットしてほしい」って演者としては思うんですが、スタッフさんとしては「思い浮かんでない感じもおもしろいから残そう」とか。今まではうちらとしてはフィクションな感じでやってたのが、「ゲラニチョビ」をやりだしてからは、パーソナルというか、だらしないところとかも残していこうってなったのは、ネットだからこそありなのかなという感じがしましたね。

――この番組をやって初めてわかったことがあったと。
加納:でも私はその部分についてはどうしても葛藤があったというか、そこで戦ってないし、あくまでネタしか作ってへんかったし、そこをおもろいと思われてもどうなんやろって思ってて。でもそういうパーソナルなカットを増やしたときに、あからさまに見てくれる人が増えたんですよね。うさんくさくなかったんだろうなと。何考えてるかわかったほうが親近感持ってもらえるってわかったのは大きいですね。この番組やってよかったなと。
村上:私はアホではないと思われてたんですけど、この番組をやるにつれて、「村上めちゃアホやな」ってバレはじめて。それまでは、アホすぎるわけではなくて微妙な感じで受け取られてたので、バレたのは嫌やったんですけど、けどまあ受け皿が大きくて。
加納:なのでこの番組をやり始めてから、ファンの方々が村上を著しくナメだしました。
村上:そうですよ!
加納:「あ、ただのバカなんだ」「いいじゃんいいじゃん」「みんなで下に見よう(笑)」みたいな。この番組が村上の説明書になりましたね。

●普段のライブ活動にも変化はありましたか?
加納:トークライブをしたときに、ウケるところが少し変わったというか。村上のこういうところを知ってくれてるからこその反応がありますね。今までやったら、村上がわかったふうな熟語とかを絞り出して言うのは普通のことやったんですけど、最近やったら、「むっちゃ無理してるやん」みたいな笑いがきたり。
村上:たまにいいことを言うと拍手をもらいます。
加納:下に見られてるからな(笑)。
村上:「よう言えた!」みたいな。
加納:親が子供を応援しているみたいな気持ちになってる。
村上:こっちも「もっと言ったろ」って気にもなれますね。
加納:単独ライブは根本は変わらないんですけど、でもまあ今までやったら外してたところを残すかとか、ちょっとの変化はありますね。今までよりはもうちょっと安心してやってもいいのかなと。思い切ってやれてる部分はあるかもしれないですね。

――村上さんも同じお気持ちですか?
村上:はいっ!! 一言一句同じです!
加納:ほんま!?

――印象深い回は?
加納:どのコンテンツもそうなんですけど、カロリーと内容が比例しないんですよね。例えばフワちゃんに出てもらった「FUWA」(再生回数約55万)は、収録始めてすぐに「これはもうおもしろい」って思いましたし、撮影時間も短くて1時間くらいで終わってるんですけど、「デシベル」(再生回数約10万)なんかは、時間経過を見せる必要があったので、12時間くらい回してるんですけど、結果それは10分くらいにしてますから。

#22【Aマッソのゲラニチョビ】「FUWA」

#4【Aマッソのゲラニチョビ】「デシベル」

加納:フワちゃんはコンビ時代からおもろい奴やなと思ってて、ライブのときも結構反応があったので出てもらったんですけど、この動画で知ってくれた人も多くて、仲がいい後輩が出てハネるとやっぱりうれしいですね。また違う後輩を発見してあげたいって言うとおこがましいんですが、うちの事務所は「ここの角度でイジってもらったらオモロいのに」ってところを先輩に知ってもらえるチャンスがあんまりないので、そういうことがこの番組でできたらいいなとは思いますね。
村上:うちは「アラーム」が好きですね。
加納:これひどいんですよ。

#57【Aマッソのゲラニチョビ】アラーム

村上:あれを見て、このときの自分には戻らんとこうって思ってます。弱かったんです。怖い人に立ち向かわれへんくて。今やったら絶対行こうって思います。
加納:渋谷で寝てる人に声をかけるって企画だったんですけど、全然かけられずに終わるっていう。
村上:ただダラダラ歩いて終わりました。
加納:全逃げ。
村上:見た目全然怖くなさそうな人は1回声をかけたんですけど。
加納:もっとパンチがいるってことでクラブとかある辺りに行ったら、もう全然声かけられなくて、帰ろうかと。
村上:あははははは。
加納:うちらにもっと知名度があってしっかりしたテレビクルーがいたら相手もそれなりに対応してくれたかもしれないんですけど、知らん若手&スマホ撮影なので、「何撮ってんねん」って空気で。渋谷って無名のユーチューバーがあふれかえってるじゃないですか。それとなんら変わりなかったですから。でも、DVDに収録されているロケではみなさん優しかったですよ。静岡の地元のテレビ局ですし、本当によくしてもらいました。

 

●最後に読者にメッセージをお願いします。
加納:DVDに収録されているのは、大喜利でお金を稼ぐっていうシンプルな企画で、ロケを通じてうちらの人となりも出てるので、お笑い好きな人もそうでもない人もどっちも楽しんでもらえるかなと思います。これを見て、「Aマッソは静岡にフィットしてるじゃないか」って思っていただけたら、静岡朝日テレビさんのほうに連絡していただいて、「この子らやったら任せられますよ」みたいな声を大なり小なり喧伝してもらえたら。
村上:赤色のパッケージが好きな方、どうぞ宜しくお願いいたします!
加納:それでいける!?
村上:よろしくね!

 

静岡朝日テレビ・SunSetTVオリジナルコンテンツにて好評配信中
https://www.sunsettv.jp/ 

『「Aマッソのゲラニチョビ マジカル・オオギリー・ツアー」〜ディレクターズカット版~』

Aマッソの大喜利武者修行 未公開映像30分追加の完全版!

<Aマッソのゲラニチョビとは>

静岡朝日テレビが運営するインターネットテレビ局・SunSetTVで配信中の、Aマッソがさまざまな企画に挑戦する番組。

Aマッソが気に入らない後輩を呼び出して叱ったり、未来からタイムトラベラーを呼ぶ大喜利パーティーを

開催したり、難波でタクシー2台を競争させたり。「そんなの面白くなるの?」と計算があまりたたない、

保険があまり効いていないことを、ただひたむきにやって成功したり失敗したりする番組です。

  • 品番:SSBX-2670
  • 価格:¥3,800 + 税
  • 発売日:2019年11月27日
  • Ⓒ2019 静岡朝日テレビ/Contents League
  • 発売元:Contents League
  • 販売元:ソニー・ミュージックソリューションズ

収録内容

静岡県を舞台にした旅企画「マジカル・オオギリ・ツアー」。

Aマッソの2人は旅行中36時間たえず大喜利を行い、

スタッフ納得の答えを出せれば旅費500円を獲得でき、その資金で旅を続ける。

番組開始以来、Aマッソにとって初めての静岡ロケで、県内の観光スポットや街を訪ねながら、

温厚と言われる静岡県民とAマッソの絡みの中で、笑いと感動が渦巻くお笑いドキュメンタリー。

VIDEO

特集一覧へ戻る