日本エレキテル連合がボケツッコミの正統派コント!? アドリブコント!? 声優アイドル!? 前回の世界観から一転、ポップで優しくて親しみやすい、なおかつこれまで同様のシュールさも忘れてない! 進化を遂げた乙女たちのコント愛に溢れたネタの数々がこの1枚に集約。まだまだ成長途中の彼女たちによるピュアなインタビューをどうぞ。

 

 
●去年の単独ライブから今年のライブにかけての変化は?
中野聡子(以下、中野):今年はタイトルこそエキセントリックなんですけど(笑)、去年は自分たちがやりたいことを優先して徹底的にやったので、今年はもうちょっとお客さんに歩み寄って、わかりやすいものを作ろうと意識しました。
橋本小雪(以下、橋本):ほんとそうだね。
中野:2人で特にそういう話し合いをしたわけではないんですが、去年のライブの反応を見てそうなりました。去年はちょっと難しいテーマにしていて、それはそれですごく評判がよかったんですけど、「もうちょっと違うことしたいな」という気持ちが、やっていくうちに阿吽の呼吸で2人の間に生まれたって感じです。
橋本:私も同じように思いました。
中野:具体的には、出来たネタを「私たちが作ったものだから伝わらないだろうな」と疑問視して、ボケだったらそれに対する説明を2、3行足してみるとか。でもあまりわかりやすくしすぎても味がないので、うまいところを探りながら。タイタンに作家さんがいるんですけど、ネタ見せをしてもらったり。
橋本:これまでやってきたネタも楽しかったんですけど、違う楽しさというか、色々自由にできましたね。これまではわりと縛りのあるテーマが多かったですが、今回はテーマが広い分やりやすかったです。
中野:今回のほうが安心でした。「このネタ伝わるかな、大丈夫かな」ということがなくてよかったです。周りの人たちからも「去年のもよかったけど、今年のほうが笑いどころがわかりやすくて共有できた」って言ってもらえて。
橋本:そんな意識はないですが、「一皮むけた」って言われました(笑)。
中野:ひねくれてるのかもしれないですけど、本当は自分たちが説明なしでやったものを笑ってもらえるようになりたいと思ってるので複雑ですが、歩み寄って伝わるのもありがたいです。
 
●その変化を踏まえて、全国ツアーはどうでしたか?
中野:「ここちょっとウケが悪かったからこうしてみようか」っていう自由が利くというか、次の日に違うことをやる余裕がありましたね。 今年はまだまだロスなんですよ(笑)。
橋本:ロスです。全員かどうかわからないですけどスタッフさんもロスだと。
中野:今までは、全国ツアーが終わったらすぐ次のことを考えてたんですけど、今年は引きずってます。ロスを乗り越えるのは、次のライブが決まって、「タイトルを出してくれ」って言われて、そこからですかね。毎年単独ライブは愛おしいんですけど、今年は本当に特に愛おしいです。
橋本:中野さんはすごく変わりましたよ。
中野:そうですね。お客さんと会った時にすごくフレンドリーに接するようになりました。今までは緊張でドキドキしてちょっと距離を置いちゃってたんですけど、こっちからワ〜って行くようになりました。単独って改めてありがたいなと思ったんですよね。当たり前のようにできるものじゃないんだなと。そしたらお客さんが来てくれることがうれしくて。
橋本:これまでは、ライブにガッと集中するので、終わったらヘトヘトになってダウンして「もうできない」みたいな感じだったんですけど、今回はスタッフさんやお客さんからパワーをもらった感じでエネルギッシュになって、「次はこういうことをやろうよ」って、次に頭が向いていて、パワーアップしてますね。
中野:橋本さんは何も変わってないです。
橋本:私ちょっと痩せました。中野さんは肥えましたけど(笑)。
中野:私は10キロ太りました。
橋本:公演ごとにおいしいものを食べるので。「老老心中」で彼女を背負うんですけど、公演ごとに体重が増えていくので大変でしたね。
 
●「地獄に降る雨」は岩下の新生姜さんの御協力あってのネタですね。
中野:岩下さんは「商品をネタで使わなくてもいい」って言ってくださってたんですけど、素材がいいので半分くらいは使いましたね。さすがに最初のネタには「びっくりした」って言ってました。「娘を連れてこなくてよかった」って(笑)。でも全然怒ってなかったです。
橋本:コントに出てくる新生姜は、映画「ゴジラ」の着ぐるみを作った造形師さんが作ってくれたので、それも踏まえて見てみてください。
中野:岩下の新生姜ミュージアムに寄贈してます。
 
●「出産」はまさに、これまでとは違うネタで。
中野:ボケとツッコミをやったことがなかったのでやってみたんですけど、最後まで習得できなかったです。
橋本:難しかったですね。
中野:これこそお客さんに歩み寄ったネタなんですけど、お客さんが一番ついてきてくれなかった(笑)。歩み寄ったことにビックリしたみたいです。今後はこのタイプのものは作りたいとは思わないかな。ツッコミができないですね。
橋本:いやほんとに難しい。ボケもできてないから。
 

 
●「つんぽ」もまた、変わったスタイルのネタですね。
中野:背中で演技がしたいなと思って。おじさんの世間話ってどうなんだろうってところから作ったアドリブコントです。実は、DVDに入ってる公演は失敗してるんですよ。橋本さん、アドリブのところが全然できてないんですが、それはそれで面白いから入れちゃおうと。私は嫌だったんですけどね。
橋本:私はそんなにできなかったと思ってなくて。結構自分ではいい感じでしゃべれてると思ってました。
中野:思った?
橋本:うん。
中野:結局、最後のほうの公演では、橋本さんができないっていうストレスをここで言ってましたね。「なんでできねーんだよー」って。ただうちらが一番苦手とするフリートークで、練習するものでもないし、お互いこうやって本番まで隠してしゃべるっていうのは今後もやってみたいですね。
 
●「声優の二人」は「にゅ〜じんじゃあ」MV、グッズと幅広い展開が。
橋本:毎年単独ライブのときには曲を作ってるんですが、今回も最初に曲を作って、その前のコントをどうしようと。
中野:このコントまったく練習してなくて。本番で「あ、こんな声出るんだ」ってビックリしました。
橋本:笑けて笑けて。やばかったです。
中野:気持ちも高ぶってたんですよね。そしたらすごく声優さんっぽい声だったので、本番で私も笑いそうになってました。
橋本:ダンスもREADY TO KISSっていうアイドルの振付師さんに作っていただいて。
中野:曲は友だちのアイドル・hy4_4yhのプロデューサーさんに作っていただき、素晴らしい声優アイドルができました。Tシャツは橋本さんのデザインなんです。
橋本:中野さんから「こういうイメージの絵をを描いて」「髪型はこんな感じ」って指示をもらって、私が「じゃあこんな感じで」って描く、ゆでたまご先生方式です。
 
●「しわ」の発想はどこから?
橋本:これは、うちの遠い親戚にそういうヤツが……。
中野:橋本さんの遠い親戚のろくでなしがモデルです。
橋本:ネタではせめて違う形にしたいなと。
中野:自分で作って言うのもなんですが、皮肉なネタですよね(笑)。
 
●「老老心中」はやってみていかがでしたか?
中野:久々にハッピーなネタなんじゃないかなと。
橋本:このネタ泣く人いるんですよね。最初の設定が悲しくて。
中野:いつもだとオチはこじつけというか、何も考えてなくてどうしようってなるんですが、このネタは“恥ずかしいことが生きる理由”ということで、いろいろ案を出しながら考えました。
 
●「ホームレス狩り」はある意味で壮大ですね。
中野:そうなんです、ほんとにこれは“アレ”がやりたい、と(笑)。
橋本:周りの方々にたくさん協力してもらいましたし、そのための道具は買い取りましたよ。
中野:30万かかりました。
橋本:レンタルしたい芸人さんがいたら、貸し出しますのでぜひ。
 
●VTRは今回もインパクト抜群の作品ばかりでした。
中野:「新生姜CM 高須クリ子ダンス編」はアドリブです(笑)。 「とりあえず踊ってみて」って橋本さんに全身タイツ着せてたら4分持ったんですよ。
橋本:人は追い込まれると4分踊れます。
中野:何にも考えてなかったんですけど、もう「完璧です。踊れます」って私は言ってて。
橋本:でも、やるしかないって感じではなくて、楽しみだなって感じでした。
中野:私だったらあんな恥ずかしいことやりたくないって思いました(笑)。
橋本:こんな長く生きてきてあの曲に合わせて踊ることってないですからね。だからいい経験させてもらったなと。
中野:こだわったのは無表情。とにかく照れなく笑わず4分間踊りきってくれと。あと大事なのは、見たら絶対に岩下の新生姜が食べたくなるってこと。もう120点でした。
 
●読者にメッセージをお願いします。
中野:最初のネタは相変わらずえげつないんですけど、今まではこのピンポイントだったのが、今回は老若男女問わず幅広く見ていただけるようになってますので、たくさんの人に見てもらいたいです。
橋本:岩下の新生姜が好きな人はもちろん、食べたことがない人も、このDVDを見て岩下の新生姜を食べてもらいたいです。「ホームレス狩り」のヤンキーが骨を折られる音も、新生姜をパキパキって食べてるときの音なんです。そういう細かいところもDVDで楽しめますので、公演に来てくださった方もぜひDVDでもう一度楽しんでください。

『日本エレキテル連合単独公演「地獄コンデンサ」岩下の新生姜と共に』詳細ページは こちら